1. TOP
  2. 東京・福岡・熊本の治験情報
  3. 不安一発解消!治験の危険性について

不安一発解消!治験の危険性について

治験の安全性について

日本の治験はGCPという治験のルールが決められています。
国の厳しい審査を通った新薬のみ、治験の試験がおこなわれます。
すべての治験関係者が、安全におこなわれていることを監視・確認しながら進めています。
治験案内所で受ける医療機関では、治験で後遺症や副作用の重篤なものは30年以上1度も報告がありません。

治験(バイト)のメリット

・協力金として高額の報酬がもらえる
・誰よりも先に病気に対する新しい治療を受けることができます。
・治験を受けるにあたって健康診断を受ける必要があり、
無料・もしくは協力金をもらって参加者の健康管理に役立てることができます。
・多くの人を助ける新薬の開発と関わることができます。
・同じ病気や悩みをもった人と交流したり、情報を得ることができます。

治験案内所で最新治験情報を確認

治験試験(バイト)のデメリット・リスク

・新しい治療法の深刻な副作用を引き起こす可能性は限りなく0%に近いですが0%ではありません。
・新しい薬の治療法がまったく効果がでないか、もしくはこれまでの治療法よりも悪い可能性もあります。
・治験は治験医療機関が設定したスケジュールでおこなわれるため、数泊かかることがあります。

事前説明会について

治験試験に参加する前に、医師から受ける試験について詳しい説明があります。
その際に治験参加について不安がある場合は質問して不安を解消することができます。
詳しい説明を受けてから参加するかどうか決めることができるので安心ですね。
参加することは契約ではないため、長期的な宿泊治験の場合でも参加者の意思を尊重していつでもやめることが可能です。
そのため治験参加に対して弱い立場になることはないので、トラブルになることはありません。
また、治験医療機関は個人の健康や個人情報保護を厳守する必要がありますのでその点でも心配いりません。

まとめ

治験の安全性は極めて高いがリスクは0ではない
契約ではないのでいつでも参加者の意思を尊重してやめることができる
協力金(報酬)以外にもメリットがたくさんがある