1. TOP
  2. 東京・福岡・熊本の治験情報
  3. 熊本の治験情報
  4. 快適高額報酬バイト。熊本の治験情報

快適高額報酬バイト。熊本の治験情報

熊本で治験を受けたい方もいらっしゃると思います。

熊本県では現在治験の募集がある地域で
治験バイトの試験対象内容さえクリアすれば受ける事が可能です。

治験は新薬の臨床試験ということで人体実験みたいなイメージをもっていて抵抗をもっていらっしゃる方も多いと思います。
国の厳しい基準をクリアした新薬(風邪薬など)のみですので安心して受ける事ができます。
また、バイトをする前に説明会で医療機関で医師から丁寧な説明と質問もできますのでその際に不安点を確認しましょう。

治験は、短期間で楽して稼げるバイトになります。

熊本で治験バイトは受けれる?

熊本県は治験が開催されている地域になります。

また、福岡県が近いため治験募集内容によっては福岡の治験も受けることが可能です。
治験によっては交通費なども負担してくれる場合が多いため確認してみましょう。

福岡は治験募集が多い地域

宿泊の募集が多く短期間で高額で稼げるため福岡まで来て受けられる方も多くいらっしゃいます。
交通費は医療機関負担になります。

治験案内所から現在募集している治験情報を確認しましょう。
治験バイトに参加したい場合は治験案内所などサイトから応募する必要があります。
応募が完了したら数日後、医療機関から連絡があり治験の詳細な説明と
開催場所(医療機関)の説明、募集治験が受けれるか問診があります。
詳細な治験バイトの説明もありますのでその際に内容を把握しましょう。

→治験案内所(熊本の募集を確認)
→治験案内所(福岡の募集を確認)

2018年10月現在の熊本の治験募集

現在の熊本の治験情報は治験案内所で確認できます。
治験募集情報は日々更新されていますので時々サイトをチェックが必要です。
そのため治験案内所では会員登録された方にメールで新着治験バイト情報を配信しています。

無料で会員登録するとメルマガの受取有無、応募が簡単にできるようになります。

→治験案内所の会員登録・応募方法

熊本の治験報酬の例

やはりアルバイトや治験をする上で気になるのが治験の報酬について。
治験のバイト代については、治験案内所でこれまで募集があったものを参考に記載致します。

最近の熊本の治験バイト例

例)
2泊3日を2回の短期治験バイト
対象者:20~44歳の方・男性のみ
開催地:熊本市南区富合駅近く開催
バイト代:62,000円

例)
3泊4日を2回の短期治験バイト
対象者:20~25歳の方・男性のみ
開催地:熊本市南区富合駅近く
バイト代:93,000円

例)
4泊5日を2回の短期治験バイト
対象者:20~25歳の方・男性のみ
開催地:熊本市南区富合駅近く
バイト代:150,000円

などなどほんの一例ですが参考になればと思います。
※治験は正確にはボランティア参加になり通常のアルバイトとは異なります。

すぐバイト代がもらえる!?熊本の治験報酬の特徴

熊本で開催される治験バイトの特徴は、バイト代が数回にわけて支払われることがあります。
これは熊本の治験の特徴です。通常は試験終了後に手渡しでバイト代のお支払いか、数週間後に振込が多いですが数日参加した方に数日分支払うことがあるようです。
短期間でお金が欲しい方にはうれしい配慮ですね。

女性でもラクに安心で稼げる治験バイト

熊本でも女性のみ対象の試験等もあります。
女性対象のみの治験バイトはがっつり稼げる分、対象者が限られており受けれなかったり、
宿泊治験バイトの場合は日程を確保する必要があります。
そのかわり疾患対象者の場合が多いため新薬を無料で試せるチャンスでもあります。

これまでの女性限定試験の例

例)
腹圧性尿失禁の症状がある方
【日帰り5回】47,000円

例)
腹圧性尿失禁症状
【4泊を2回と日帰りを2回】約300.000円

例)
閉経後健康女性 (閉経後1年以上経過している方)
【3泊4日を2回】103,000円

熊本では女性対象の治験バイトが少ないのが現状です。
交通費も出るので福岡の治験を受けることをおすすめします。

日帰り治験バイトの場合は人気があります。
治験では通院といいます。

治験バイトの応募は先着順のため、キャンセルが出たらまた募集されることもありますが受けたい場合は早めの応募が大切です。

女性の方のみ対象ではなくても、男女応募可能治験バイトは多くありますので短期間でラクして稼ぎたい方はぜひご参加下さい。

まとめ

・治験バイト開催地は治験バイトによって異なるため応募後、医療機関から連絡があります。
・報酬については女性でも高額を短期間で稼げる
・熊本の治験バイトの場合は治験バイト期間中に支払いがある場合がある。
・福岡の治験も受けることができる場合がある